LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:
ADMIN
admin ID:
admin PW:
PROFILE
COMMENTS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろ
ぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
OTHERS

2020/1/15 最終課題レポート
鹿児島へ。
教養1年「情報処理論」は最終課題レポート。去年は用紙に書かせたけど,今年はデジタルで。規程の文字数で書いてもらうため,文字数がカウントできるExcelのシートを準備し,短縮URLでダウンロードするように準備。書き終えたら,来週のディスカッションのためにそれを印刷してもうらうとともに,Googleフォームにテキストを貼り付けて提出ということにした。
保育所実習Ⅰ連絡会。
臨時教授会。
| nabe | 23:10 | comments (0) | 教育・実践
新着コメント
2020/1/14 宮崎国際大でICT活用の話
今日,会議と聞いていたので,南地研の原稿を修正したものに差し替えてもらう。

福祉1年「情報処理」は情報セキュリティについて。
教養2年「情報サービス演習Ⅱ」は図書館に行き,OPACで検索するなどして実際に本を探す演習。

宮崎国際大の教職実践演習でICT活用の話。3年目になるけど,話す内容も,教員によるICT活用から情報活用能力の育成に重点を置くようにシフト。今年はPCを持参してもらって学習者用デジタル教科書を体験してもらう。時間があればと思ってiPadやプログラミング教材を持ってきたけれど,90分には当然収まらず。終了後,興味があったら,と呼びかけたところ,体験する学生さんもいた。授業の感想をGoogleフォーム,Webへの誘導をQRコードで行っただけで「すげー」と言われてしまった。感想を読むと,教科等の指導におけるICT活用の効果や情報活用能力育成の重要性は伝わっているようで良かった。それにしても,フラッシュ型教材はやはりインパクトがあるらしい。楽しんでくれて何より。

都城の自宅へ。
| nabe | 23:15 | comments (0) | 教育・実践
新着コメント
2020/1/13 またもや加水分解
洗車,ラーメンの後,短大へ。
明日の授業と宮崎国際大学でのICT活用に関する話の準備。iPad OSのアップデートなど持って行くものの準備も。
先日の黒/黒のAir Wildwoodに続いて,黒/白のAir Wildwoodも加水分解(泣)。靴屋のお姉さんに言われたとおり,防水スプレーをほかのスニーカーにはかけるようにしよう。
| nabe | 23:50 | comments (0) | 教育・実践
新着コメント
2020/1/12 ゼミ
ゼミ。ガツガツ行くようにと喝。尽力します。

空港のビジネスラウンジで諸々進める。
仙台→伊丹→鹿児島。連休の中日だからか,どちらの飛行機も乗客が少なかった。
| nabe | 23:55 | comments (0) | 研究
新着コメント
2020/1/11 情報リテラシー連続セミナー
朝一便で仙台へ。乗り継ぎで伊丹に降りるとき,加水分解でスニーカーの靴底が崩壊(泣)。伊丹で靴を探すも,機内用のスリッパと真っ白なレザーのスニーカーしかなかった。ずり足気味で仙台駅まで辿り着き,エスバルで購入。
情報リテラシー連続セミナー@東北大学は学芸大の加藤直樹先生による「学習者用デジタル教科書の研究と実践からみえたこと」。デジタル教科書の体験やプレゼン中に流れる感想,学習スタイルが変わったことや成績が向上したというデータなど,とても興味深かった。
公式懇親会の後,ゼミ二次会。マスターや佐藤研OBを連れてえび助で〆。
| nabe | 23:55 | comments (0) | 研究
新着コメント
2020/1/10 ほった先生と辻ヶ丘幼稚園訪問
ほった先生のお迎えで空港へ。
辻ヶ丘幼稚園に向かう途中,前回の訪問についてお伝えする。
到着後,園長先生・主任の先生のお話を伺った後,年少,年中,年長それぞれ2クラスずつを見せていただく。前回の訪問でコメントしたことがしっかり伝わっていて何より。
お昼を食べた後,研修会で話をするための準備。
実物投影機について,よく活用されていることと,子どもに使わせるときに望むことを10の姿と絡めながら。その後のほった先生の話は,厳しめ。もちろん,活用が進んでいるからこそ,期待を込めての話なんだけど。指導案に10の姿を書くこと自体から問題提起。自分にとっても良い学びとなった。
夜は園の先生方と懇親会。ほとんどがうちの卒業生だったり,主任の先生が同じ歳だったり。若手もベテランも,どちらも前向きなところが素晴らしいと思う。
| nabe | 23:40 | comments (0) | 研究
新着コメント
2010/1/9 改訂版の手引を紹介
児教2年「情報メディアの活用」は特別支援教育関連。アセスティブテクノロジーが出てきたので,昨年12月に改訂された「教育の情報化に関する手引」を紹介。小幼保コースの教職実践演習で手引案の章立てを紹介し,これから重要視されることを確認していたけど,改訂版が正式リリースされたので改めて確認。
WE LOVE鹿児島!は分野でのプレゼン確認。リハを見て,プレゼンの仕上げをサポート。

教授会。某件,そう来ましたか,という感じ。
| nabe | 23:55 | comments (0) | 教育・実践
新着コメント
2020/1/8 JSET春季全国大会原稿〆切
JSET春季全国大会原稿を提出。
もちろん南地研の原稿も提出。

教養1年の「情報処理論」は「メディアについて考える」ということで,著作権とスパゲッティストーリー。著作権は宇多田ヒカルのツイートに関する記事と音楽教室での著作権料徴収の現状についての記事をもとにディスカッションした後,入門クイズをやってもらったところ「わかっていると思っていたけど,半分しかできなかった」といった感じ。スパゲッティストーリーは,やはり素直に信じる学生や,知識はあってもだまされる学生も。
| nabe | 23:50 | comments (0) | 教育・実践
新着コメント
20120/1/7 南地研原稿〆切
福祉1年の「情報処理」はほかの先生の事情で休講。
教養2年の「情報サービス演習Ⅱ」は総合演習問題。検索の過程を記録するようにしたので,取り組める問題数は限られたけど,自力でどれだけできたかをチェックできた。

南地研の原稿の仕上げ。担当の方から,提出すること自体の確認。複数年にまたがる継続研究として,出さなくてもいいらしい(驚)。明日の朝一番の提出で受け付けていただけるとのこと。
| nabe | 23:45 | comments (0) | 研究
新着コメント
2020/1/6 授業再開
JSET全国大会の原稿。

堀田先生を鹿児島空港へ。

授業再開。事務の皆さんに新年のご挨拶。先生とか学生への挨拶はビミョー…
保育・教職実践演習は授業を振り返るレポート作成。

まだまだ原稿書きが続く。


| nabe | 23:30 | comments (0) | 教育・実践
新着コメント
このページの先頭へ
CALENDAR
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2020/01 次月>>
BOOKS
教育の方法と技術
情報社会を支える教師になるための教育の方法と技術
情報社会を支える
教師になるための
教育の方法と技術


ネットモラル・セキュリティ
だれもが実践できる ネットモラル・セキュリティ
だれもが実践できる
ネットモラル・セキュリティ


プログラミング教育
プログラミング教育導入の前に知っておきたい思考のアイディア
プログラミング教育導入の前に
知っておきたい思考の
アイディア(amazon)

小学館Webでの購入

ワークテストの活用法
ベテラン先生直伝 ワークテストの活用法 (そうだったんだ! 学校教材シリーズ3)
ベテラン先生直伝
ワークテストの活用法
(そうだったんだ!
学校教材シリーズ3)


計算ドリルの活用法
ベテラン先生直伝 計算ドリルの活用法 (そうだったんだ! 学校教材シリーズ2)
ベテラン先生直伝
計算ドリルの活用法
(そうだったんだ!
学校教材シリーズ2)


漢字ドリルの活用法
ベテラン先生直伝 漢字ドリルの活用法 (そうだったんだ! 学校教材シリーズ1)
ベテラン先生直伝
漢字ドリルの活用法
(そうだったんだ!
学校教材シリーズ1)


フラッシュ型教材の全て
フラッシュ型教材のススメ
フラッシュ型教材のススメ


情報活用能力の育成(3・4年)
わたしたちとじょうほう 3・4年
わたしたちとじょうほう
 3・4年 児童用テキスト
 3・4年 教師用指導書


情報活用能力の育成(5・6年)
私たちと情報 5・6年
私たちと情報
 5・6年 児童用テキスト
 5・6年 教師用指導書


「教育の情報化」ガイド
管理職のための「教育情報化」対応ガイド
管理職のための「教育情報化」対応ガイド


授業づくりとICT活用
すべての子どもがわかる授業づくり
すべての子どもがわかる授業づくり -教室でICTを使おう


教室のICT環境
わかる・できる授業
のための教室のICT環境
わかる・できる授業のための教室のICT環境


プロジェクタ活用 授業場面
映せばわかる プロジェクタ活用 50の授業場
面
映せばわかる プロジェクタ活用 50の授業場面


プロジェクタ活用 研修場面
あなたの学校でもできる プロジェクタ活用 
50の研修場面
あなたの学校でもできる プロジェクタ活用 50の研修場面


プレゼン指導虎の巻
プレゼン指導虎の巻
プレゼン指導虎の巻―プレゼン能力をぐんぐん伸ばす !
このページの先頭へ