LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:
ADMIN
admin ID:
admin PW:
PROFILE
COMMENTS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろ
ぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
OTHERS

2019/9/2 書類作成
不在の間の学内のイントラやメールのやり取り。
IR室から再度のお願い。
出張の復命書と旅費精算書。
| nabe | 23:40 | comments (0) | 教育・実践
新着コメント
2019/9/1 ゼミ
資料作り,ギリギリまで。青葉山へ。
ゼミでは,キーボード入力調査の結果のまとめ方と今後の研究について,たくさんの示唆をいただいた。また,研究にあまり時間をかけられていないことや調べたこと・自分の考えを書き出せていないことをご指摘いただいた。とにかく前に進むしかない。
ランチにχも参加させていただく。解散後,伊達政宗像巡りなど,ちょっとだけ観光。仙台駅で大行列のタピオカを諦め,ずんだシェイクに。気に入ったようで何より。
空港へ。カードラウンジで過ごした後,それぞれ帰る。
| nabe | 23:25 | comments (0) | 研究
新着コメント
2019/8/31 情報リテラシー連続セミナー
伊丹経由で仙台へ。
χが仙台に来るとのことで,先にホテルのチェックインを済ませる。
東北大学へ。
情報リテラシー連続セミナーは「小規模校の課題解決のための遠隔合同学習」。長坂さんは,大学院で指導を受けた東原先生の関係で喬木村の遠隔合同学習に関わるようになり,修了後,そのまま喬木村にICT支援員・CIO補佐官として就職されたとのことだった。喬木村の実践は,文部科学省委託の「人口減少社会におけるICTの活用による教育の質の維持向上に係る実証事業」の一環であり,離島や山間地域のある鹿児島にも大いに関係ある実践だった。今後,公立学校に高速回線が導入されたり,教員免許がなくても授業ができたりするようになるのは,遠隔合同学習も想定されているわけであり,今後は児童生徒数の少ない学校だけでなく,どの学校でも行われるようになっていく。遠隔合同学習を進めるためには,表現力はもちろん,キーボード入力等のタブレットPCの操作スキルも大事であるということは,自分の研究とも大いに関係があると思った。
公式懇親会の後,ゼミ懇親会。〆ラーには行かずにホテルへ。
| nabe | 23:30 | comments (0) | ICT
新着コメント
2019/8/30 ワインの会
ちょっと早いけど旅支度。
R&D。
夜は,「ワインの会」なるものに参加させていただく。優雅な時間を過ごさせていただいた上に,若者じゃないのに若者扱いで配慮していただいて有難かった。
〆ラーは珍しい牛肉系。
| nabe | 23:20 | comments (0) | 日常
新着コメント
2019/8/29 卒業生
1日半ぶりに大学に来たら,研究室の扉に袋がぶら下がっている。何だろうなと思ったら,卒業生が訪ねてきたらしい。この卒業生,この前も不在の時に来たんだよなぁ…。
出張の事務処理。
昨日連絡をくれた別の卒業生が訪ねてくる。図書館で壁面構成や運動会の親子団技の情報収集というのもあったみたいだけど,メインはお悩み相談。もちろん1年目はみんな苦労をするわけだし,本人も自分だけではないというのは分かっているんだけど,それでも弱音を吐かずにいられない気持ちもよく分かる。たっぷり話を聞いてやったり,自分が初任の時の話をしたり。もちろん本人が大変なのは分かるとして,2年生の時の1年間だけの担任なのに頼ってくれるというのは嬉しい。お昼に美味しいものを食べさせて,お別れ。頑張れー
| nabe | 23:20 | comments (0) | 教育・実践
新着コメント
2019/8/28 SPODフォーラム2019
市電を乗り継いで愛媛大学へ。IRについての研修を受けるため,SPODフォーラム2019に参加。
ワーク・講義「教学IRが機能する組織におけるデータ管理」。講師は,お二方とも事務からスタートされていて,ワーク・講義の内容も,どちらかというと事務手続きの話が中心だった。ワーク・講義を通して,本学では,現在行っているアンケート調査の集約ができたら,ルールも整理しないといけないと感じた。その時に「他大学の先進的な事例を参考にすると良い」と言っていただいたのはありがたかった。
定員の関係で,1コマしか受講できなかったのは残念。同会主催,愛媛大学で,12月12・13日にIR担当者の研修会があるとのこと。
愛媛空港へ。宇和島さつまめしと,伝説の蛇口からミカンジュースをいただく。帰りは順調だった。
| nabe | 23:35 | comments (0) | 教育・実践
新着コメント
2019/8/27 愛媛へ
旅支度をして短大へ。
不在の間に溜まっていた諸々の処理。
空港リムジンで鹿児島空港へ。飛行機が遅延し,乗継が心配だったけど,結局更に遅延し,乗継便は一便遅い便へ変更。伊丹経由で松山へ。空港リムジンで道後温泉駅前まで。チェックインした後,道後温泉本館へ。
| nabe | 23:25 | comments (0) | 教育・実践
新着コメント
2019/8/26 JAETプレセミナー
来年の鹿児島での全日本教育工学研究協議会全国大会に向けたJAETプレセミナー。
講師陣は,堀田先生,木原先生,豊田先生,カズ先生,そして山本先生と豪華メンバー。実践発表も,授業におけるICT活用と,プログラミング教育を含む情報教育の2つに分かれ,若手からベテランまで3人ずつ。参加者も参加企業も過去最高という素晴らしい会だった。

終了後,懇親会まで時間があったので,堀田先生とカズ先生には短大の研究室で過ごしていただく。

懇親会も50人参加。この鹿児島での盛り上がりぶりは,羨ましい思いつつ,自分も関わることができて嬉しいということを終わりの言葉で語らせてもらった。二次会まで楽しい時間を過ごした。
| nabe | 23:20 | comments (0) | ICT
新着コメント
2019/8/25 鹿児島へ
堀田先生,山本先生とタクシーで岡山駅まで移動。新幹線まで少し時間があったので,駅チカで軽く打ち上げ。
新幹線の中で予約業務。
鹿児島では,翌日のJAETセミナーのために夕方着いたカズ先生が迎えてくれる。明日の準備が残っている山本先生とお別れして,3人で一献。〆ラーまで。
| nabe | 23:45 | comments (0) | 日常
新着コメント
2019/8/25 日本教育情報学会年会2日目
午前中は一般発表で登本さんの発表など。
午後,堀田先生の特別セミナーで「超スマート社会に向けた学校教育の課題と日本教育情報学会への期待」。学校教育で求められていること,そのために政府がすべきことを説明された上で,学会の果たすべき役割を丁寧に話されていたのが印象的だった。
午後,最後のセッションの一般発表。自分の一つ前は宮崎の高校の先生。調査対象となった短大の学生には,自分の教え子が含まれているかもしれないと思い,興味深かった。自分の発表は「児童が1人1台端末を活用する授業における学習活動の分析の試み」。質疑応答では,純先生が質問してくださったが,自分が何のためにこの研究を行っているのか,1人1台端末を活用する授業を支えるスキルというのはどんなものなのかなど,さらに具体的に説明できるようにならないといけないと痛感した。次の山本先生の発表まで聞き,セッションの途中で失礼する。
| nabe | 11:30 | comments (0) | 研究
新着コメント
このページの先頭へ
CALENDAR
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<前月 2019/09 次月>>
BOOKS
教育の方法と技術
情報社会を支える教師になるための教育の方法と技術
情報社会を支える
教師になるための
教育の方法と技術


ネットモラル・セキュリティ
だれもが実践できる ネットモラル・セキュリティ
だれもが実践できる
ネットモラル・セキュリティ


プログラミング教育
プログラミング教育導入の前に知っておきたい思考のアイディア
プログラミング教育導入の前に
知っておきたい思考の
アイディア(amazon)

小学館Webでの購入

ワークテストの活用法
ベテラン先生直伝 ワークテストの活用法 (そうだったんだ! 学校教材シリーズ3)
ベテラン先生直伝
ワークテストの活用法
(そうだったんだ!
学校教材シリーズ3)


計算ドリルの活用法
ベテラン先生直伝 計算ドリルの活用法 (そうだったんだ! 学校教材シリーズ2)
ベテラン先生直伝
計算ドリルの活用法
(そうだったんだ!
学校教材シリーズ2)


漢字ドリルの活用法
ベテラン先生直伝 漢字ドリルの活用法 (そうだったんだ! 学校教材シリーズ1)
ベテラン先生直伝
漢字ドリルの活用法
(そうだったんだ!
学校教材シリーズ1)


フラッシュ型教材の全て
フラッシュ型教材のススメ
フラッシュ型教材のススメ


情報活用能力の育成(3・4年)
わたしたちとじょうほう 3・4年
わたしたちとじょうほう
 3・4年 児童用テキスト
 3・4年 教師用指導書


情報活用能力の育成(5・6年)
私たちと情報 5・6年
私たちと情報
 5・6年 児童用テキスト
 5・6年 教師用指導書


「教育の情報化」ガイド
管理職のための「教育情報化」対応ガイド
管理職のための「教育情報化」対応ガイド


授業づくりとICT活用
すべての子どもがわかる授業づくり
すべての子どもがわかる授業づくり -教室でICTを使おう


教室のICT環境
わかる・できる授業
のための教室のICT環境
わかる・できる授業のための教室のICT環境


プロジェクタ活用 授業場面
映せばわかる プロジェクタ活用 50の授業場
面
映せばわかる プロジェクタ活用 50の授業場面


プロジェクタ活用 研修場面
あなたの学校でもできる プロジェクタ活用 
50の研修場面
あなたの学校でもできる プロジェクタ活用 50の研修場面


プレゼン指導虎の巻
プレゼン指導虎の巻
プレゼン指導虎の巻―プレゼン能力をぐんぐん伸ばす !
このページの先頭へ