LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:
ADMIN
admin ID:
admin PW:
PROFILE
COMMENTS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろ
ぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
OTHERS

2019/9/3 School Innovationセミナー in 宮崎
昨夜,新地先生からのメールで懇親会のお誘いが。そんなこともあるんじゃないかと思っていたので,参加の返事。
いろいろと迷った挙げ句,鹿児島中央駅から宮崎駅まで電車で。

JAPET&CECの情報教育対応教員研修全国セミナー,「School Innovationセミナー in 宮崎」に参加。赤堀先生のご講演やパネルののIntelの教育分野の方,武雄市立竹内小の教頭先生,県に戻られた村中田先生,宮崎市に戻られた黒木先生など,企業や県内外の情報を聞くことができて良かった。日程的なこともあり,人数がそれほど多くないのがもったいないと思った。
市街地まで小林先生@宮大の車に乗せていただく。懇親会ではDISの方や西米良村の教育長と指導主事などと情報交換。さらに新地先生ほか数名で二次会。宮崎の情報化のコアな方々と過ごせて良かった。タケの店に顔出しに行ったら,「さっきあのお店にいましたよね?」と二次会の店に来ていた方がいてビックリ。ゆっくり語りたかったけど,電車の時間があったのでおいとま。雨で電車が遅延していたという特急きりしまに乗って都城へ。特急券無しでOKだった。
| nabe | 23:35 | comments (0) | ICT
新着コメント
2019/8/31 情報リテラシー連続セミナー
伊丹経由で仙台へ。
χが仙台に来るとのことで,先にホテルのチェックインを済ませる。
東北大学へ。
情報リテラシー連続セミナーは「小規模校の課題解決のための遠隔合同学習」。長坂さんは,大学院で指導を受けた東原先生の関係で喬木村の遠隔合同学習に関わるようになり,修了後,そのまま喬木村にICT支援員・CIO補佐官として就職されたとのことだった。喬木村の実践は,文部科学省委託の「人口減少社会におけるICTの活用による教育の質の維持向上に係る実証事業」の一環であり,離島や山間地域のある鹿児島にも大いに関係ある実践だった。今後,公立学校に高速回線が導入されたり,教員免許がなくても授業ができたりするようになるのは,遠隔合同学習も想定されているわけであり,今後は児童生徒数の少ない学校だけでなく,どの学校でも行われるようになっていく。遠隔合同学習を進めるためには,表現力はもちろん,キーボード入力等のタブレットPCの操作スキルも大事であるということは,自分の研究とも大いに関係があると思った。
公式懇親会の後,ゼミ懇親会。〆ラーには行かずにホテルへ。
| nabe | 23:30 | comments (0) | ICT
新着コメント
2019/8/26 JAETプレセミナー
来年の鹿児島での全日本教育工学研究協議会全国大会に向けたJAETプレセミナー。
講師陣は,堀田先生,木原先生,豊田先生,カズ先生,そして山本先生と豪華メンバー。実践発表も,授業におけるICT活用と,プログラミング教育を含む情報教育の2つに分かれ,若手からベテランまで3人ずつ。参加者も参加企業も過去最高という素晴らしい会だった。

終了後,懇親会まで時間があったので,堀田先生とカズ先生には短大の研究室で過ごしていただく。

懇親会も50人参加。この鹿児島での盛り上がりぶりは,羨ましい思いつつ,自分も関わることができて嬉しいということを終わりの言葉で語らせてもらった。二次会まで楽しい時間を過ごした。
| nabe | 23:20 | comments (0) | ICT
新着コメント
2019/8/13 メールサーバ
読書。

大学のWebメールに繋がらず。情報ネットワーク室の方に連絡したら見に行ってくださったが,止まっているとのこと。業者の対応は18日になるらしい。

台風が近づいている中,迎え火。
| nabe | 22:30 | comments (0) | ICT
新着コメント
2019/8/8 メディア教育セミナー
山本先生の講演や幼稚園の実践を聞くために,鹿児島マルチメディア研究会主催のメディア教育セミナーに参加。研究会のスタートはFM-TOWNSだったことを初めて知る。
北先生のお隣で話を聞く。山本先生の教育の情報化全般に関する講演を伺うのは久しぶり。農業の情報化や,ご自分の身の回りでの出来事を織り交ぜたり,手引の改訂の話をされたりしながら,プログラミング教育やこれから1人1台環境が導入されていく今,情報が専門ではない先生方にとって必要な情報提供をされていた。
幼稚園の実践は実物投影機中心。やはり幼児教育もここからかな。
鹿児島大学を退職された園屋先生の「今在るものを活かす!~ICT活用 初めの一歩~」というご発表。フラッシュ型教材をされたことにまずビックリ。そしてeteachersも紹介され,「今日参加されている女子短の渡邉先生もたくさん登録されていますが」とご存知だったことにさらにビックリ。
北先生と弁当を食べた後,大学に戻る。
| nabe | 23:10 | comments (0) | ICT
新着コメント
2019/7/31 JAET2019島根大会発表申込
1コマ目,試験監督。

キーボー島アンケートについて,速度別に群を分けて検定にかけたものの有意差があるものがほとんどない。いくつかのパターンでやってみたけど,15項目中2つほど。うーん。
とりあえず,入力文字数が伸びなかったことを中心に概要を書き,JAET2019島根大会の発表を申し込む。

教育情報学会の年会の宿泊や奄美大島への実習訪問などの手配。

少し早めに出たものの,帰ってからも諸々のやり取り。
| nabe | 23:50 | comments (0) | ICT
新着コメント
2019/7/30 キーボード入力文字数の伸び
補講日。自分の分はもう終わっているので授業はなし。「豪雨で休講になった分はレポートでも可」になったので,いろんな先生がレポートを出しているらしい。
キーボード入力に関するデータが揃ってくる。「キーボー島アドベンチャー」での練習に加え,昨年度は紙に書かせていた授業の振り返りを,今年度はGoogleフォームに入力させた。活用の機会を設けることで,入力文字数の伸びを期待したのだが,結果は,昨年度より伸びが小さい。学生は,自分で「入力が速くなってきた」と実感できたようだが,文字数はそれほど伸びていなかった。ちょっとガッカリしたけど,1週間に1回ぐらい入力の機会を設けただけでは伸びない→もっと活用の機会を増やす必要あり,ということだということ。
| nabe | 23:55 | comments (0) | ICT
新着コメント
2019/7/13 Chromebook+G suite for education
旅支度をして仙台へ。
情報リテラシー連続セミナーは今回,司会業務。セミナーの内容は,Google for Educationのマイク・スチュアートさんとスタッフの方によるChromebook+G suite for Educationの紹介とハンズオン。前に鹿児島であったセミナーで体験していたけれど,コアな方々による話やデモから,その良さがより伝わってきた。うちも導入できるといいけど。
恒例の懇親会とゼミ二次会。いろいろな方と語って楽しい時間だった。〆に独り油そば。7月1杯目。麺が不足気味。
| nabe | 23:45 | comments (0) | ICT
新着コメント
2019/7/2 ELMOによる授業参観
今日も休講になるかと思ったが,大丈夫だった。

午後3コマ目と4コマ目が実物投影機操作体験ワークショップ。
ELMOの山内さんと比良さんが来訪され,4コマ目を参観された。箱の中身を写メで記録しておくことや,先に実物投影機の設置された形を見せ,アームやカメラをセッティングしてから接続に入ることなど,昨年度に引き続き,今回も情報をご提供できて良かった。

黒豚百貫で一献。
| nabe | 23:55 | comments (0) | ICT
新着コメント
2019/6/30 月末
月末なので某幹事の今月の〆。
某調査用紙の準備。
| nabe | 23:50 | comments (0) | ICT
新着コメント
このページの先頭へ
CALENDAR
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月 2019/10 次月>>
BOOKS
教育の方法と技術
情報社会を支える教師になるための教育の方法と技術
情報社会を支える
教師になるための
教育の方法と技術


ネットモラル・セキュリティ
だれもが実践できる ネットモラル・セキュリティ
だれもが実践できる
ネットモラル・セキュリティ


プログラミング教育
プログラミング教育導入の前に知っておきたい思考のアイディア
プログラミング教育導入の前に
知っておきたい思考の
アイディア(amazon)

小学館Webでの購入

ワークテストの活用法
ベテラン先生直伝 ワークテストの活用法 (そうだったんだ! 学校教材シリーズ3)
ベテラン先生直伝
ワークテストの活用法
(そうだったんだ!
学校教材シリーズ3)


計算ドリルの活用法
ベテラン先生直伝 計算ドリルの活用法 (そうだったんだ! 学校教材シリーズ2)
ベテラン先生直伝
計算ドリルの活用法
(そうだったんだ!
学校教材シリーズ2)


漢字ドリルの活用法
ベテラン先生直伝 漢字ドリルの活用法 (そうだったんだ! 学校教材シリーズ1)
ベテラン先生直伝
漢字ドリルの活用法
(そうだったんだ!
学校教材シリーズ1)


フラッシュ型教材の全て
フラッシュ型教材のススメ
フラッシュ型教材のススメ


情報活用能力の育成(3・4年)
わたしたちとじょうほう 3・4年
わたしたちとじょうほう
 3・4年 児童用テキスト
 3・4年 教師用指導書


情報活用能力の育成(5・6年)
私たちと情報 5・6年
私たちと情報
 5・6年 児童用テキスト
 5・6年 教師用指導書


「教育の情報化」ガイド
管理職のための「教育情報化」対応ガイド
管理職のための「教育情報化」対応ガイド


授業づくりとICT活用
すべての子どもがわかる授業づくり
すべての子どもがわかる授業づくり -教室でICTを使おう


教室のICT環境
わかる・できる授業
のための教室のICT環境
わかる・できる授業のための教室のICT環境


プロジェクタ活用 授業場面
映せばわかる プロジェクタ活用 50の授業場
面
映せばわかる プロジェクタ活用 50の授業場面


プロジェクタ活用 研修場面
あなたの学校でもできる プロジェクタ活用 
50の研修場面
あなたの学校でもできる プロジェクタ活用 50の研修場面


プレゼン指導虎の巻
プレゼン指導虎の巻
プレゼン指導虎の巻―プレゼン能力をぐんぐん伸ばす !
このページの先頭へ