LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:
ADMIN
admin ID:
admin PW:
PROFILE
COMMENTS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろ
ぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
OTHERS

2019/3/17 ゼミ@東京
朝,6時ちょっと前に目が覚めて肝を冷やす。支度をして鹿児島空港へ。自家用車で行けば少し余裕があるぐらいだった。
3月のゼミは前日の情報リテラシー連続セミナーもなく,毎年仙台以外での開催とのこと。
まずは麹町のラ・タベルナでランチ会。
今回は荒木さんの武蔵大学附属千代田学園高等学校で。最初に学校紹介をしてくれた今度2年生になるという次期生徒会長。校長先生である荒木さんから通りがかりにいきなり頼まれたということだったけど,プレゼンで話す内容とか落ち着き具合とか,シャレにならないレベルの人材が育っていることを痛感した。
その後,ゼミ。毎回思うけど,博論というのは本当に頂上の見えない山のよう。登り切ることができるのだろうかと思うけど,とにかく進むしかない。
| nabe | 23:55 | comments (0) | 研究
新着コメント
2019/3/16 土曜日
研究室で明日のゼミの資料作成など。
週末はどこかに行っているか,都城に帰っていることが多いので,何の予定もなく鹿児島にいることがスゴく久しぶりだった。
| nabe | 22:45 | comments (0) | 研究
新着コメント
2019/3/11 学研教育総研との打合せ
10時から学研教育総研との打合せ。
お昼を食べた後,空港へ。
ラウンジで「規制改革推進会議 公開ディスカッション【最新技術を活用した教育の推進】」を視聴。
鹿児島へ。A321はモニタやUSBがあって快適。見終わらないのは分かっていたけど,「カメ止め」の冒頭ワンカットとあとちょっとだけ見てしまった。
| nabe | 23:30 | comments (0) | 研究
新着コメント
2019/3/9 カニ合宿
三国港のかに久でカニ合宿。美味しいカニを堪能したことは言うまでもなくこれまで存じ上げていた皆さんや今回初めてお会いした皆さんと多くの交流ができ,充実した時間を過ごすことができた。

佐藤研や高橋研の皆さんは学生・院生時代にこのような場があり,いろいろな経験ができることをうらやましく思う。何回も話しているので繰り返し聞いている方もいると思うけど,それでも言わずにはおれない。また個人的には大学の同級生である小牧を参加させていただいたことにも感謝。大いに刺激になったようだし,また一緒になる機会があるのではないかと思うと嬉しく思う。

2016年12月もJSET研究会に参加するために福井に。その時は,現職教員としてそれまで取り組んできたICTの基本的な操作に関する教科書分析について研究会発表を行い,堀田研の当時のゼミメンバーと交流させていただいた。そのとき佐藤和紀先生が「ナベさん,堀田研にいつ来るんですか?」と。その数年前に自己啓発等休業という制度を使って教職大学院に行った自分は,博士課程に行きたい気持ちはあってもしばらくは無理だろうと思っていたけど,約2年後である今回,職も変わり,堀田研のゼミ生として参加していて,とても感慨深いものがあった。
| nabe | 00:40 | comments (0) | 研究
新着コメント
2019/3/9 JSET研究会19-1で発表
小牧とともに,始発のサンダーバードで福井へ。途中からお互い練習モード。

福井大学で行われる日本教育工学会研究会19-1と日本教育メディア学会2018年度第2回研究会に参加。日本教育工学会の方で,「キーボー島アドベンチャー」への関心についての大学生・短大生を対象とした調査について発表。研究者,そして堀田研のゼミ生としてのプレッシャーで最近の発表は胃が痛くなりがちだったけど,今回は大丈夫だった。聞いてくださった皆さんに感謝。発表後,座長の役割も無事完了。

渡邉光浩,翟婧璇,佐藤和紀,堀田龍也(2019)小学生向け日本語キーボード入力学習システムへの関心についての大学生を対象とした調査.日本教育工学会研究報告集,JSET19-1 pp.237-242
| nabe | 00:30 | comments (0) | 研究
新着コメント
2019/3/3 テレビに新地先生
お昼を食べた後,ガソリンを入れ,買い物。プレゼンづくりをしばらくした後,鹿児島へ。
小牧から質問を受け,プレゼンについてアドバイス。
夜中,TVをつけていたら,「九州ドキュメント 変えるミライ ~車椅子からのメッセージ~」という番組をやっていた。宮崎大学出身で現在は事務で働く方が,パラスポーツと障がい者向けアプリの開発を頑張っているという話。へーと思っていたら,新地先生が出て来てビックリ。メールをしたら,障がい学生支援センター長とのことだった。
| nabe | 23:50 | comments (0) | 研究
新着コメント
2019/2/25 個人ゼミ
通勤と2次試験で激混みの中,東北大学へ。
お忙しい中,個人ゼミの時間を取っていただく。いろいろと頑張らなくては。
空港で牛タン弁当。伊丹経由で鹿児島に戻る。
風邪薬と口角炎の薬を購入。
ちょっとだけ大学へ。
| nabe | 22:30 | comments (0) | 研究
新着コメント
2019/2/24 ゼミ
ゼミの前に夏合宿の打合せ。
9時からゼミ。自分のとき,説明が細かくなってしまった。皆さんの貴重な時間を浪費してしまって申し訳ない。
ゼミにゲスト参加してから丸1年が経つ。大学の教員になり,公立の小学校教員の感覚から脱却しようと意識しているものの,二十数年で染みついたものはなかなか抜けきれない。しかし,これから大学教員としてやっていくわけだから,経験は大切にしつつも,研究者としての感覚をしっかりと身に付けたい。そして,夏合宿からずっと「覚悟が足りない」ということを頭に置いているが,まだ努力不足。4月からは大学教員・ゼミ生ともに2年目,頑張りたい。

明日,個人ゼミをお願いしてあるのでもう1泊。決意はしたものの,最近の移動疲れがドッと出て寝てしまい,気付いたら夜だった。
| nabe | 23:45 | comments (0) | 研究
新着コメント
2019/1/31 紀要原稿最終校正提出
宮崎国際大学の評価を郵送。
紀要原稿の最終校正を提出。
午後,仮想化サーバーをクラウドに,自前のメールサーバーをOffice 365 educationに移行するための打合せ。
夕方,COC委員会。記録の先生がいらっしゃらなかったのでピンチヒッター。COCコーディネーターからのヘルプ。学生がボランティアグループのアンケートをGoogleフォームで作っていた。
気の置けない方々とbrasserie MINORITYで新年会。麦酒本舗で1人2次会。
| nabe | 23:50 | comments (0) | 研究
新着コメント
2019/1/29 宮崎での某会に参加
かごしま「教育の情報化」フォーラムに参加予定だったけど,ゼミ仲間のご配慮で,宮崎で行われる某説明会に参加させていただくことに。
空港にお迎えに行き,ラーメン接待で「洋」。その後,平和台公園でプチ観光をしてから会場へ。
某説明会に参加させていただく。コネがないと参加できるはずない会だったし,昨年度までの立場では絶対無理。人の繋がりと今の自分の立場が有難いと思った。
ゼミとは違う場所でお会いして,また新たな面を知ることができて新鮮だった(というかこっちが本当の姿なんだろうけど)。空港までお送りしてから鹿児島へ。
| nabe | 23:00 | comments (0) | 研究
新着コメント
このページの先頭へ
CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前月 2019/03 次月>>
BOOKS
ネットモラル・セキュリティ
だれもが実践できる ネットモラル・セキュリティ
だれもが実践できる
ネットモラル・セキュリティ


プログラミング教育
プログラミング教育導入の前に知っておきたい思考のアイディア
プログラミング教育導入の前に
知っておきたい思考の
アイディア(amazon)

小学館Webでの購入

ワークテストの活用法
ベテラン先生直伝 ワークテストの活用法 (そうだったんだ! 学校教材シリーズ3)
ベテラン先生直伝
ワークテストの活用法
(そうだったんだ!
学校教材シリーズ3)


計算ドリルの活用法
ベテラン先生直伝 計算ドリルの活用法 (そうだったんだ! 学校教材シリーズ2)
ベテラン先生直伝
計算ドリルの活用法
(そうだったんだ!
学校教材シリーズ2)


漢字ドリルの活用法
ベテラン先生直伝 漢字ドリルの活用法 (そうだったんだ! 学校教材シリーズ1)
ベテラン先生直伝
漢字ドリルの活用法
(そうだったんだ!
学校教材シリーズ1)


フラッシュ型教材の全て
フラッシュ型教材のススメ
フラッシュ型教材のススメ


情報活用能力の育成(3・4年)
わたしたちとじょうほう 3・4年
わたしたちとじょうほう
 3・4年 児童用テキスト
 3・4年 教師用指導書


情報活用能力の育成(5・6年)
私たちと情報 5・6年
私たちと情報
 5・6年 児童用テキスト
 5・6年 教師用指導書


「教育の情報化」ガイド
管理職のための「教育情報化」対応ガイド
管理職のための「教育情報化」対応ガイド


授業づくりとICT活用
すべての子どもがわかる授業づくり
すべての子どもがわかる授業づくり -教室でICTを使おう


教室のICT環境
わかる・できる授業
のための教室のICT環境
わかる・できる授業のための教室のICT環境


プロジェクタ活用 授業場面
映せばわかる プロジェクタ活用 50の授業場
面
映せばわかる プロジェクタ活用 50の授業場面


プロジェクタ活用 研修場面
あなたの学校でもできる プロジェクタ活用 
50の研修場面
あなたの学校でもできる プロジェクタ活用 50の研修場面


プレゼン指導虎の巻
プレゼン指導虎の巻
プレゼン指導虎の巻―プレゼン能力をぐんぐん伸ばす !
このページの先頭へ