LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:
ADMIN
admin ID:
admin PW:
PROFILE
COMMENTS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろ
ぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
OTHERS

2019/1/17 宮崎市プログラミング教育シンポジウム
堀田先生お連れして宮崎大学へ。教職大学院でお世話になった新地先生と,博士課程でお世話になっている堀田先生のお二方と,メニューもシチュエーションも豪華なお昼。
プログラミン教育シンポジウム宮崎市のプログラミング教育に関するシンポジウム。W師匠の登壇や,大学時代の同級生の小牧先生とセンター研究員で一緒だった武田先生の頑張りが嬉しかった。連続セミナーで話を聞いた相模原市の渡邊指導主事の上司である篠原課長の話は,この前の裏話のようで,また興味深かった。淑子先生をはじめ旧知の先生方にお会いできたのも嬉しかった。
篠原先生をお送りした後,堀田先生をホテルへ。その後,自分もチェックインしてから,堀田先生とラーメンで予習。
堀田先生を囲む会。宮大の某先生の話にビミョーな気持ちに。その後,堀田先生と小牧先生とタケの店へ。遅くまでお付き合いいただき,有難かった。居残りして,タケと更に親交を深めた。
| nabe | 23:55 | comments (0) | 研究
新着コメント
2019/1/16 JAET2020実行委員会懇親会
明日の宮大でのシンポのために早く出ようと午後の授業を休講にしていたけど,臨時教授会が入っていたため結局夕方までにいることに。
保育所実習Ⅰの抱負と課題の下書きの締切1回目が明日とのことで,朝一番で出させて添削。休講にして時間があったので良かった。
お昼は久しぶりにH先生と外へ。
午後,保育園との実習打合せと社会人Ⅲ期合否判定の臨時教授会。
夜,2020年度のJAET大会実行委員会の最初の懇親会に挨拶をしに行く。野中先生が来られていてビックリ。会が始まる前に挨拶させていただく。山本先生のご配慮に感謝。こちらを早く出ることができなかったことは,結果オーライ。
都城へ。ビッグなゲストにKの進路指導をしていただき有難い。
| nabe | 22:00 | comments (0) | 研究
新着コメント
2019/1/14 スーツケース
休みの日に鹿児島にいたので,郊外にあるラーメン王県民投票1位の「たけ家」へ。祝日10時半開店で11時には17組待ちとスゴかった。
昨日忘れたノートのことを伊丹のANA遺失物保管所に連絡したらあるとのこと。隣が空いていたので,そこに置いてて,その上にバッグを載せていたのだろう。そう言えば,後ろに立っていた人が座席の方を見てたような。もちろん忘れる自分が悪いけど,教えてくれればいいのに…着払いで届けてもらえるとのことで良かった。
最近,スーツケースの車輪がキーキー言い出した。まだしばらくはあちこちする生活は続きそうなので,いざとなったら修理ができるちゃんとしたものを買うことに。RIMOWAは車輪が弱そうとのことでTUMIを検討。鹿児島では山形屋で扱っているとのことで見に行ったけど,ビジネスバッグが少し置いてあるだけだった。
ゼミのリフレクション。ほかの人がSlackに残してくれたメモが有難い。
| nabe | 23:50 | comments (0) | 研究
新着コメント
2019/1/13 ゼミ
資料を仕上げ,青葉山へ。
第39回ゼミ。皆さんの資料を見て,自分がほとんど進んでいないことに気が滅入る。まだまだ努力が足りない。JSET19-1福井大学での研究発表について,自分の研究に絡めた落とし所を指南していただきスッキリ。根底に重いテーマがあることを指摘していただいたが,自分も恵まれた環境とは言えない中からここまで来ているので,研究という形で貢献していきたい。また,一人一台環境の先進校視察について,参観やインタビューの視点を早めに確定しなくては。
恒例のお昼の鰻は,いつもより人が少なくてちょっと寂しかった。
東北大学の附属図書館は,土日でも22時まで開いているとのことで,さすがだなと感心しつつ川内キャンパスに行ったら,論文誌があるのは2号館で,そちらは平日しか入ることができないとのこと。残念。
出発まで時間があったので,仙台を少しブラブラと。
伊丹経由で鹿児島へ。降りるとき,仙台-伊丹便にノートを忘れてきたことに気付く(泣)
| nabe | 23:55 | comments (0) | 研究
新着コメント
2019/1/12 第35回情報リテラシー連続セミナー
伊丹経由で仙台へ。駅弁を買って青葉山へ。
第35回情報リテラシー連続セミナー。相模原市教育センター指導主事の渡邊茂一先生による「全校が一歩を踏み出す相模原市のプログラミング教育」。早々にプログラミング教育を施策に入れながらも,予算をあまり使わずにソフトやフィジカルを使えるようにしているやり方はとても参考になった。また,研修の実施,学年を指定した取り組み,中学校区毎の小・中担当者の話し合いなど,先生たちがやらざるを得ない,しかしやりやすい仕組みを作られていた。しかも取り立てもしっかりされていて,既に多くの実践事例が集まっていた。
その後,恒例の懇親会からの牡蠣小屋でのゼミ二次会。一閃閣で〆。
| nabe | 23:00 | comments (0) | 研究
新着コメント
2018年を振り返って(2)研究・社会貢献
学会等での発表が3本。学内の紀要にも投稿。論文誌への投稿はできなかった。
渡邉光浩, 堀田龍也, 高橋純, 新地辰朗 (2018年9月)
新小学校学習指導要領(平成29年告示)解説におけるICTに関する記述の特徴
日本教育工学会 第34回全国大会講演論文集 pp.763-764

渡邉光浩, 堀田龍也, 高橋純, 新地辰朗 (2018年11月)
現行及び新学習指導要領(平成29年度告示)解説における ICTに関する記述の比較
全日本教育工学研究協議会 第44回全国大会 B-1-1

渡邉光浩, 翟婧璇, 佐藤和紀, 堀田龍也 (2018年11月)
大学生に日本語キーボード入力を習得させるためのシステムの要件の検討
日本教育メディア学会 第25回年次大会 pp.46-47

渡邉光浩, 翟婧璇, 佐藤和紀, 堀田龍也
短大生の日本語キーボード入力スキルの実態把握と支援システムに求められる要件の検討
鹿児島女子短期大学紀要 第56号 pp.XX-XX

執筆協力した書籍が1冊。2019年3月に出版予定の書籍にも執筆協力した。
堀田龍也, 西田光昭(編著)(2018年1月)
だれもが実践できる ネットモラル・セキュリティ 三省堂

4月から日本教育工学協会の理事と同会学校情報化認定委員会委員を拝命。日本教育メディア学会に入会,2019年4月から企画委員会委員を拝命することになっている。

8月,宮崎県情報教育研究会夏季特別研修会でプログラミング教育に関する講演に登壇する予定だったが,台風のため中止。参加予定の先生方に講演資料を提供した。11月,宮崎県教育研究連合会都北支部Dブロック研修会でプログラミング教育についての講演。

時間を確保し,自分の研究を進めなくては。
| nabe | 23:30 | comments (0) | 研究
新着コメント
このページの先頭へ
CALENDAR
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月 2019/01 次月>>
BOOKS
ネットモラル・セキュリティ
だれもが実践できる ネットモラル・セキュリティ
だれもが実践できる
ネットモラル・セキュリティ


プログラミング教育
プログラミング教育導入の前に知っておきたい思考のアイディア
プログラミング教育導入の前に
知っておきたい思考の
アイディア(amazon)

小学館Webでの購入

ワークテストの活用法
ベテラン先生直伝 ワークテストの活用法 (そうだったんだ! 学校教材シリーズ3)
ベテラン先生直伝
ワークテストの活用法
(そうだったんだ!
学校教材シリーズ3)


計算ドリルの活用法
ベテラン先生直伝 計算ドリルの活用法 (そうだったんだ! 学校教材シリーズ2)
ベテラン先生直伝
計算ドリルの活用法
(そうだったんだ!
学校教材シリーズ2)


漢字ドリルの活用法
ベテラン先生直伝 漢字ドリルの活用法 (そうだったんだ! 学校教材シリーズ1)
ベテラン先生直伝
漢字ドリルの活用法
(そうだったんだ!
学校教材シリーズ1)


フラッシュ型教材の全て
フラッシュ型教材のススメ
フラッシュ型教材のススメ


情報活用能力の育成(3・4年)
わたしたちとじょうほう 3・4年
わたしたちとじょうほう
 3・4年 児童用テキスト
 3・4年 教師用指導書


情報活用能力の育成(5・6年)
私たちと情報 5・6年
私たちと情報
 5・6年 児童用テキスト
 5・6年 教師用指導書


「教育の情報化」ガイド
管理職のための「教育情報化」対応ガイド
管理職のための「教育情報化」対応ガイド


授業づくりとICT活用
すべての子どもがわかる授業づくり
すべての子どもがわかる授業づくり -教室でICTを使おう


教室のICT環境
わかる・できる授業
のための教室のICT環境
わかる・できる授業のための教室のICT環境


プロジェクタ活用 授業場面
映せばわかる プロジェクタ活用 50の授業場
面
映せばわかる プロジェクタ活用 50の授業場面


プロジェクタ活用 研修場面
あなたの学校でもできる プロジェクタ活用 
50の研修場面
あなたの学校でもできる プロジェクタ活用 50の研修場面


プレゼン指導虎の巻
プレゼン指導虎の巻
プレゼン指導虎の巻―プレゼン能力をぐんぐん伸ばす !
このページの先頭へ