LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
USER PW:
ADMIN
admin ID:
admin PW:
PROFILE
COMMENTS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろ
ぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥
OTHERS

2019/9/8 JSET秋季全国大会2日目
海外遠征の諸々。
念のため,トランクをもう一回り大きい物に変更。ゼロハリがなく,REMOWAもハンドルが1本のしかなかったので,ACEに変更。変換プラグと変圧器の無料貸出があることに気付いたことと併せて,かえって安くなった。
Wi-Fiルータを借りようと思ったけど,auの世界データ定額の1日980円の使用料がキャンペーン中でタダになるので,4GBを越えてデータ料金がプラスになったとしても,テザリングの方が安く済みそう。

余裕で到着。
ポスターセッションやチュートリアルセッション,キーノートとポスターセッションとフル参加。
反省点はあったけど,メインの学会で存在証明はできた。

台風で間引き運転になるとのことで,新幹線で帰る方々は大変そうだった。
堀田先生と一緒に会場を後にして空港へ。
親子丼をご馳走になる。セントレアではここにしか来ないとおっしゃった。
鹿児島へ。
| nabe | 23:40 | comments (0) | 研究
新着コメント
2019/9/7 JSET秋季全国大会1日目
慣れない乗り継ぎで間違えて,到着に思ったより時間がかかる。
初めてのポスターセッションでの発表。テーマが短大生のキーボード入力なので,聞きに来るのは関係者と,同じ様なことをしている方。そんな中,村上さん@高橋研から参考になる意見をいただく。2年間の調査で,5分間の入力文字数についての伸びは今年が少なかったものの,キーボー島アドベンチャーの進級状況は今年の方が良かったという結果だった。5分間の入力文字数の調査に使ったP検のテストについて,村上さん自身がやったことがあるとのことだったが,出てきたひらがなの文章をひたすらタイピングするものであり,時々意味の分からない文章が出てくるので,集中が切れそうになる,と言われた。キーボー島にも「ん?」と思う文章が出てくることがあるが,それはさておき,そもそもP研はひらがなのみのタイピングで,キーボー島は変換が必要だということに今更ながら気付く。文字数が伸びるに越したことはないが,変換するという実際に役立つ力は今年の方が伸びたと言える。公になっていて,○文字なら○級という基準があり,無料で測定できるということでP研を使って測定したわけだが,変換する力は測れないということは盲点だった。やはりキーボー島アドベンチャーというのは素晴らしいシステムであることを改めて感じた。このあたりを学内の所報にまとめるとき,うまく成果として述べられるようにしたい。また,ポスターは1.5枚分になった。パネルに貼ることはできたが,最後の課題の部分がかなり下の方で,かがんで説明することになった。自分で屈む分はいいとして,見る人も屈ませてしまって申し訳なかった。
全体会やキーノート,ポスターセッションなど。
公式懇親会に参加し,多くの方と名刺交換。
終了間際に抜け,水谷先生が設けてくださった懇親会に参加。
| nabe | 23:55 | comments (0) | 研究
新着コメント
2019/9/6 名古屋へ
修正を終え,ポスターをA0印刷。思ったよりあっさり終わった。
JSET秋季全国大会に参加するため,名古屋へ移動。
ESTA申請。
Wi-Fiルータのレンタルを検討したけど,auの世界データ定額がキャンペーン中で1日当たりの使用料が無料とのことで,テザリングでいくことに。
| nabe | 23:05 | comments (0) | 研究
新着コメント
2019/9/1 ゼミ
資料作り,ギリギリまで。青葉山へ。
ゼミでは,キーボード入力調査の結果のまとめ方と今後の研究について,たくさんの示唆をいただいた。また,研究にあまり時間をかけられていないことや調べたこと・自分の考えを書き出せていないことをご指摘いただいた。とにかく前に進むしかない。
ランチにχも参加させていただく。解散後,伊達政宗像巡りなど,ちょっとだけ観光。仙台駅で大行列のタピオカを諦め,ずんだシェイクに。気に入ったようで何より。
空港へ。カードラウンジで過ごした後,それぞれ帰る。
| nabe | 23:25 | comments (0) | 研究
新着コメント
2019/8/25 日本教育情報学会年会2日目
午前中は一般発表で登本さんの発表など。
午後,堀田先生の特別セミナーで「超スマート社会に向けた学校教育の課題と日本教育情報学会への期待」。学校教育で求められていること,そのために政府がすべきことを説明された上で,学会の果たすべき役割を丁寧に話されていたのが印象的だった。
午後,最後のセッションの一般発表。自分の一つ前は宮崎の高校の先生。調査対象となった短大の学生には,自分の教え子が含まれているかもしれないと思い,興味深かった。自分の発表は「児童が1人1台端末を活用する授業における学習活動の分析の試み」。質疑応答では,純先生が質問してくださったが,自分が何のためにこの研究を行っているのか,1人1台端末を活用する授業を支えるスキルというのはどんなものなのかなど,さらに具体的に説明できるようにならないといけないと痛感した。次の山本先生の発表まで聞き,セッションの途中で失礼する。
| nabe | 11:30 | comments (0) | 研究
新着コメント
2019/8/24 日本教育情報学会年会1日目
午前中は課題研究のセッションで小田さんの発表など。

記念講演は岡山理科大学の秦副学長による「超スマート社会に向けた学びの変革-教育改革の取り組み-」。「情報は学生本人のもの」という考えのもと,学生最優先で情報を一元管理し,情報を引き出しやすくしたり,手続きを簡略化したりした事例や,キャンパス全てがラーニングコモンズということで,全館Wi-Fi,教室も研究室も壁がなく,至る所にホワイトボードやプロジェクターが設置されているという事例などが興味深かった。

終了後,ゼミの先輩方と一献。
| nabe | 23:05 | comments (0) | 研究
新着コメント
2019/8/23 岡山へ
プレゼンの仕上げ。

新幹線で岡山へ。鹿児島中央から3時間で到着。
| nabe | 22:25 | comments (0) | 研究
新着コメント
2019/8/22 プレゼン作成
午前中,今週末から来週にかけての出張申請。
Windows Power Shellを使って学生のメールアドレスをOffice365へ登録。もらったCSVがUTF-8でなかったので文字化けしてしまい,途中からやり直し。
午後,プレゼン作成など。
| nabe | 22:50 | comments (0) | 研究
新着コメント
2019/8/18 〆切
オープンキャンパス。学科での担当だったので気が抜けなかったけど,無事終了。

原稿の手直し。皆さんが丁寧に見てくださったので,最低限と思いつつ,かなりの修正。〆切時間の直後にアクセスできたので,大丈夫だろうと思っていたけど,気が付いたらクローズしていて,投稿できず。やってしまった…
| nabe | 23:55 | comments (0) | 研究
新着コメント
2019/8/17 原稿が仕上がる
都城も今日まで。
夜に原稿を仕上げてから鹿児島へ。
| nabe | 23:50 | comments (0) | 研究
新着コメント
このページの先頭へ
CALENDAR
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<前月 2019/09 次月>>
BOOKS
教育の方法と技術
情報社会を支える教師になるための教育の方法と技術
情報社会を支える
教師になるための
教育の方法と技術


ネットモラル・セキュリティ
だれもが実践できる ネットモラル・セキュリティ
だれもが実践できる
ネットモラル・セキュリティ


プログラミング教育
プログラミング教育導入の前に知っておきたい思考のアイディア
プログラミング教育導入の前に
知っておきたい思考の
アイディア(amazon)

小学館Webでの購入

ワークテストの活用法
ベテラン先生直伝 ワークテストの活用法 (そうだったんだ! 学校教材シリーズ3)
ベテラン先生直伝
ワークテストの活用法
(そうだったんだ!
学校教材シリーズ3)


計算ドリルの活用法
ベテラン先生直伝 計算ドリルの活用法 (そうだったんだ! 学校教材シリーズ2)
ベテラン先生直伝
計算ドリルの活用法
(そうだったんだ!
学校教材シリーズ2)


漢字ドリルの活用法
ベテラン先生直伝 漢字ドリルの活用法 (そうだったんだ! 学校教材シリーズ1)
ベテラン先生直伝
漢字ドリルの活用法
(そうだったんだ!
学校教材シリーズ1)


フラッシュ型教材の全て
フラッシュ型教材のススメ
フラッシュ型教材のススメ


情報活用能力の育成(3・4年)
わたしたちとじょうほう 3・4年
わたしたちとじょうほう
 3・4年 児童用テキスト
 3・4年 教師用指導書


情報活用能力の育成(5・6年)
私たちと情報 5・6年
私たちと情報
 5・6年 児童用テキスト
 5・6年 教師用指導書


「教育の情報化」ガイド
管理職のための「教育情報化」対応ガイド
管理職のための「教育情報化」対応ガイド


授業づくりとICT活用
すべての子どもがわかる授業づくり
すべての子どもがわかる授業づくり -教室でICTを使おう


教室のICT環境
わかる・できる授業
のための教室のICT環境
わかる・できる授業のための教室のICT環境


プロジェクタ活用 授業場面
映せばわかる プロジェクタ活用 50の授業場
面
映せばわかる プロジェクタ活用 50の授業場面


プロジェクタ活用 研修場面
あなたの学校でもできる プロジェクタ活用 
50の研修場面
あなたの学校でもできる プロジェクタ活用 50の研修場面


プレゼン指導虎の巻
プレゼン指導虎の巻
プレゼン指導虎の巻―プレゼン能力をぐんぐん伸ばす !
このページの先頭へ