2022/7/25 取材対応

午後,南日本新聞の記者の方が来研。事前に送られた質問から,文科省の調査で鹿児島の持ち帰りが進んでいなかったことや,持ち帰りをしている学校とそうでない学校があることなどを問題視するスタンスでのインタビューだと感じたので,丁寧に回答。持ち帰りは慎重に進めてきたのだろうし,調査から時間が経っているので,それからは進んでいること,自治体によってGIGAを担当したのが教員経験者か役所の方で準備やその後の対応が違うこと,Wi-Fiルータなど通信機器の調達が今は難しいことなどを話す。また,そもそもなぜGIGAの整備が行われたかや,端末のログを見ることが可能なことなど,先生たちの認識に差があることも。歩みに差はあるかもしれないけれど,いずれはどこでも行われるようになることを理解してほしいと話した。

某審査関係の連絡。

カテゴリー: ICT, 教育, 社会貢献 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。